慣れた川鵜は2羽(クロちゃんと小ぶりなウーちゃん
この動画は、2015年9月11日 に撮影したもので、
クロちゃんです。
2014年にケガをして飛べなくなって護岸ブロック内で生活してたクロちゃん。
そのときに数カ月エサやりしたことで、私に慣れてしまったクロちゃん。
翌年(2015年)、復活したクロちゃんは、ほぼ毎日エサをねだるように(汗)
空腹時には、私のシューズの上に飛び乗り、ひざや足をツンツンして、エサを催促。

2015年9月11日 に撮影したもので、川鵜のクロちゃんです。

川鵜ウミネコオオセグロカモメのプロフィール
 年齢: −
 冬場の数 : 川鵜が2羽。ウミネコが約200羽。オオセグロカモメが40〜80羽の合計300羽弱
 好物: 川鵜⇒魚   ウミネコとオオセグロ⇒ 野菜以外の雑食
 生息域: 宇田川の河口(鳥取県米子市淀江町)。 
ウダ宇田ランド(ミニミニ水鳥王国)の準主役。
夢の国,米子,山陰
夢の国,米子,山陰
川鵜/ウ飼い ウミネコ オオセグロ
平和な ウダ宇田ランド(ミニミニ水鳥王国)
実は、このハトの襲来が問題化し、2016年3月に、この砂浜は土砂が完全撤去され水没し消滅しました。