夢の国,米子,山陰
夢の国,米子,山陰
ヒミツの生態 水鳥王国D
ミニミニ水鳥王国のヒミツの生態
  ふだん、絶対に見れないオモシロ生態。
  今年はウミネコだけでなく、カモメやオオセグロカモメも来襲。
  ただ、
嫌われ物のオオセグロカモメのせいか、集まるカルガモが激減。
  
河原にもすでに大量の水鳥達が待機中。
ヒミコ(コブ白鳥)やアヒル、カルガモ達は遠巻きにしてコワゴワ見てますね。

エサの準備をしたものの、もうウミネコ達が殺到して手がつけられません(あきらめ)
ヒミコ(コブ白鳥)やアヒル達は、ウミネコ達の狂乱がおちついてからになります。

エサ箱を独占するオオセグロカモメの幼鳥。
体が2まわりほど大きく、他の鳥のヒナも食べちゃうオオセグロカモメは嫌われ物ですね。

オオセグロカモメの幼鳥と成鳥の2ショットです。
このオオセグロカモメの幼鳥は、私によく懐いてます。
ウミネコ達の狂乱も治まり、やっとメシにありつけたアヒル達。
仲良く輪になり食べてますね。
ただ、左端のアイガモ(オス)は群れでの地位が低く、一番最後にたべなくてはなりません。
群れの秩序を乱すと、よってたかって水死させられますから低姿勢ですね。
 そして、大きな顔して食べてるもう1羽のアイガモ。実はこのアイガモ、群れで"唯一飛べる!"
んですよね。ビルディング程度なら、ひとっ飛びというすごさです。
その特殊能力を認められてアヒルと同格扱いです。
草むらの中まで丹念に捜索するオオセグロカモメの幼鳥。
こうやって鳥の巣を見つけると、ヒナやタマゴを一飲みします。

ウミネコ達のお出迎え〜
 私がエサやりに道路に出ると、待ちかねたウミネコ達が周辺の屋根から降りてお出迎え〜
これって民家のフン公害で、クレームの元なんですけど(汗)